プロフィールProfile

エネルギーを通して沖縄の力となるために ~Energise Okinawa~

私たち沖縄電力は、東西1,000km、南北400kmにおよぶ広大な海域に点在する沖縄本島を含む38の有人離島に電力を供給しています。電気はお客さまの暮らしや経済活動にとって必要不可欠なものであり、電力を安定的に供給することが我々の最も基本的な使命です。
また、当社は沖縄県を唯一の供給区域としており、地域の発展なくして会社の発展もありません。言わば運命共同体です。それだけに当社はお客さまの現在の暮らしと経済活動を支えるだけではなく、将来の地域社会の発展にも重要な役割を担っていると考えています。
このようなことを勘案し、当社は次のような基本理念を掲げています。

【基本理念】
 エネルギーを通して沖縄の力となるために ~Energise Okinawa~

 私たち沖縄電力は、
 誇りと使命感を持ってお客さまの暮らしと経済活動を支え、
 高い志を持ち、あふれる情熱と豊かな想像力を発揮して、
 夢と活力ある沖縄の未来づくりに貢献していきます。


事業内容Business

総合エネルギー事業(沖縄県全域への電気の供給およびガス供給事業)


会社データData

設立

1972年5月(琉球電力公社の業務を引き継ぎ特殊法人として設立 )

代表者

代表取締役社長 本永 浩之

資本金

75億8,600万円

売上高

1,959億6,000万円
※2019年3月期

従業員数

1,628名(男性1,429名、女性199名)
※2019年3月末現在

平均年齢

40.2歳(男性40.4歳、女性38.9歳)
※2019年3月末現在

サイト


「地域とともに、地域のために」というコーポレートスローガンの下、電力の安定供給を通じてお客さまの暮らしや経済活動を支えています。

沿革データHistory

1972年 琉球電力公社の業務を引き継ぎ、政府および沖縄県の出資する特殊法人として設立
1976年 配電会社5社を吸収合併し、発送配電の一貫供給体制を確立
1988年 民営化
1994年 当社初の石炭火力発電所、具志川火力発電所の運転開始
2000年 電気事業連合会へ正式加盟
2002年 東京証券取引市場第一部上場
2009年 国内初、波照間島に可倒式風力発電設備を導入
2012年 吉の浦火力発電所(LNG)の運転開始
2015年 ガス供給事業の開始