トップの声

代表取締役社長
松川 直哉

「会社を発展させ、社員を幸福にする」

弊社はセイノーホールディングスを親会社とする全国に80社余のグループの一員であり、沖縄エリアを担う地元の物流会社です。西濃運輸の代理店業務をしていた会社から昭和61年8月に業務を受け継ぎ、セイノーグループの一員としてスタートしました。路線業務や、地域での集配業務が全国的に有名な西濃運輸のグループ会社と云う事で、入社するとトラックを常に運転しているイメージが強いと思いますが、職種は多岐に渡り

・お客様からの輸送の提案を実現する「営業職」
・営業が請け負った輸送の実務を支える「業務職」
・お客様に代わり納品・保管・出荷と多岐に渡るニーズに応える「ロジスティクス職」
・お客様と多くの接点を持ち輸送の根幹を担う「ドライバー職」
・これらの全ての業務を後方支援として支える「事務職」

など、いくつもの役割を社員みんなで担っております。弊社で共に働く意欲のある仲間が輝き活躍するステージがありますので、沖縄の物流を共に支え、経営理念である 「会社を発展させ、社員を幸福にする」 の実現に向け、価値観の共有が出来る仲間になって頂ければ、こんなに嬉しいことはありません。 自分の夢、仲間の夢、そして会社の夢をカタチにする仲間を、もっともっと増やしていくつもりです。共に歩むあなたのご応募を心からお待ちしております。


人事の声

リーダー
島袋 翔平

運送業という事で力仕事のイメージが強いですがシステム面等で
かつやくしている社員もいて当社の3分の1の社員は女性も活躍しています。


社員の声

宮國 貴道

◇部署 総合職
◇入社 2016年入社(4年目)

Q1.沖縄西濃運輸へ入る前にどんなことが不安でしたか?

運送会社なので、力仕事があまり得意ではなかったので不安でした。
 

Q2.何がきっかけで、沖縄西濃運輸の求人を知りましたか?

就職活動中に専門学校の先生の紹介で知りました。
 

Q3.沖縄西濃運輸の求人を知って、すぐに応募しましたか?すぐに応募しなかったとしたら、何か気になる理由がありましたか?

小さい頃から車が好きで自動車の業界に興味がありました。
 

Q4.何が決め手となって沖縄西濃運輸の求人に応募しましたか?

会社見学で会社の施設を見学した際に、規模が大きく安定している会社だと思い応募しました。
 

Q5.実際に沖縄西濃運輸へ入社してみていかがでしたか?

最初の頃は仕事を覚えることに必死で毎日大変でしたが、少しずつ仕事に慣れてきて周囲の上司のサポートもありとても仕事が楽しく、とてもいい会社に入社しました。